権利者へのメッセージ機能の利用にあたっての注意事項

メッセージ機能は、当事者同士で直接コミュニケーションを取っていただくことができる機能です。
この機能により、画像権利者と気軽にコミュニケーションを取っていただき、画像の利用に関して権利者の意図が適切に反映される環境を築きやすくすることを目的としたものです。
しかし、使い方を間違えると事件やトラブルを生じさせてしまうこともあります。また、他人に不快な思いをさせてしまうこともあります。
そのため、以下の点については特に注意をしてください。

メッセージ機能を使ったことで相手方とトラブル等になってしまった場合、当事者間で解決していただくこととなります。必要に応じて、専門家や警察等にご相談することも含め、ご自身にて責任をもって対応するようにしてください。なお、当社が必要と判断した場合には、メッセージの内容を関係当局に開示するなど、必要な措置を講じることがありますので、予めご了承ください。

メッセージ機能を使うにあたって、またはメッセージ機能を使って得られた情報を使って、他人の名誉やプライバシーを侵害したり、嫌がらせをしたり、許諾なく他人の個人情報を開示したりする行為は禁止されています。同様に、脅迫行為や過度に暴力的な表現を含む行為を送信する行為も禁止されています。禁止されている行為の詳細につきましては「Lisah」のサービス利用規約をご確認ください。

重大な結果につながると思っていなくても、思わぬところから情報が伝わったり、思わぬ受け取り方をされる場合もあります。不用意な行動や発言が、警察を巻き込んで大きな問題になることも昨今は珍しくありません。また、事件にならなくても、他人を不必要に不快な気持ちにさせてしまうこともあります。行動や発言には今一度、ご注意ください。

一度送信したメッセージは削除することはできず、受信者の手元に残ります。送信前にメッセージ内容をよくご確認いただくとともに、くれぐれも誤送信をしないようご注意ください。

この記事で問題が解決されましたか?